小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

11月4日 夕の小畔川  水温が異常に高い!


 小畔川は絶好調です。
 台風が二つ通り大雨が降りました。
 小畔の河床は、十分に耕され再生されました。
 オイカワは元気一杯で泳いでいます。

DSC02928.jpg

 昼から遊んでくれたオイカワです。
 なかなかの良型ですね。
 たまにはポーズを取ってもらいましょう。
 何時ものLight Staff#1 #19の鈎です。
 これまたいつもどおりの0.6号ハリス。

 釣れますね。
 昼からは状況によっては分速2ないし3。
 つまり、流すたびに釣れてしまいます。
 リリースの手間がかからなければもっと数が出ると思います。
 それぐらい魚影が濃いのと活性が高いのです。 
 2時前から3時頃まで八幡橋上から金堀橋、その上流まで魚の着き具合を確認しました。


DSC02910.jpg

 今日は午前中に上流部、寺橋周辺をチェック。
 2時過ぎから下流部の状況を確認しました。
 大雨は河床を耕し、流れも変えました。
 流れを変えるほどの大雨、氾濫水位まで増水し、台風が接近時には夜半に避難勧告まで出ました。
 幸いに氾濫することもなく小畔流域では被害はなかったようです。
 ここも左の堆積土砂が削られて小砂利が流れ込み河原ができました。
 オイカワにとっては住み易い環境に変わったようです。


DSC02930.jpg

 河床はこのとおりピッカピカです。
 大水が出る前に溜まっていた汚泥、ノロなどは綺麗に洗い流されました。
 僕が時々やっている川耕しを流域全面に渡って台風がやってくれました。
 大雨が降って被害が出ると大変ですが、河川にとっては命の洗濯、とても大事なことなのです。
 石が動き隙間ができます。
 そこには水生昆虫が入り込みます。
 水流の弱いところの石についた汚泥、ノロがきれいに洗い流されます。
 新品に生まれ変わるのです。
 川魚にとっては新居に移ることになるのです。
 さぞ気分が宜しいことと思います。
 


DSC02920.jpg

 今日はドライとウェットで楽しみました。
 午前はほとんど風がなかったのでドライ中心、午後は風が出てきたのでウェット中心に楽しみました。
 このクラスが来ると竿も曲がります。
 ウェットではガツっと来て竿を十分に曲げてくれます。
 これはドライでアップクロスで釣ったものですが、よく引きました。
 バシャっと出て、
 ラインコントロールが上手くいってすぐ合わせが入りゆっくりランディング。
 イメージ通りに流して、出ると思ったところで出て、ラインコントロールが上手いき、合わせが決まってゆっくりランディング。
 こんな釣りができると嬉しいです。


DSC02917.jpg

 恨めしそうな顔ですね。


DSC02912.jpg

 このクラスが上流、下流共にアベレージ。
 その中にイワシサイズが混じります。

DSC02929.jpg

 はるか向こう、北西の方向に暗雲が!
 エンジェルウィングも見えて居ました。
 寒気が入り、雨雲接近。
 上流部に向かいました。
 ここでも入れ食い。
 確認ですから移動です。

 気になったのが水温です。
 この時期にしては異常に高いのです。
 活性抜群、ドライに飛びついてきます。
 ウェットにはガツガツと何回もアタックしてくるのです。
 そろそろオイカワも冬ごもりの準備ですが、この付近では全く気配がありません。
 上流の寺橋下では水温もこちらより低く、冬ごもりに備えオイカワは集団を作っていました。
 冬の状況で群れになり固まっていました。

 
 


DSC02938.jpg

 釣り人二人
 ポツリポツリと降りはじめたのでそろそろ上がろうと戻ってくると釣り人二人。
 楽しんでいました。
 どんなものか声をかけてみました。
 鴻巣から来られたそうでウェットで楽しんでいました。
 お一人は10分で5匹と言っていました。
 もう一人はあたりはあるがなかなか乗らないとのこと。
 お楽しみを期待してお別れしました。
 左岸を見ると良く判りますが水が出たところは草木も流され茶色に合わっています。
 水の力は凄いものですね。

 久しぶりの釣りでしたが、オイカワは元気一杯。
 未だ、夏のオイカワ、瀬を中心としたところに付いています。
 水温が下がるまで楽しめる小畔川です。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2017/11/04(土) 21:11:46|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<10時過ぎから強風が吹くも釣る!  11月11日 | ホーム | 10月7日 夕の小畔川 暗くなるまでオイカワに遊んでもらいました。>>

コメント

川底もピカピカで、ここにきて小畔川は絶好調ですね。
  1. 2017/11/05(日) 13:56:43 |
  2. URL |
  3. tom #-
  4. [ 編集 ]

 tomさん

 良型が沢山居ます。
 昨日来られていた方が今日も釣っていますよ。
 よっぽど釣れたんでしょう。
  1. 2017/11/05(日) 16:37:15 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

我がホームもかなりな破壊を伴いましたが
大リセットしたみたいです
全くなかった河原の誕生や
今まであった岸がなくなったり
と新品どころかやり直しみたいな感じですが
魚は完全に入れ替わりました

…水温は逆にえらく低くなりました…
奥多摩の水も混じったのかもしれません
一気に冬になったようです

生物にとってはこれも折り込み済みなのでしょうね
  1. 2017/11/06(月) 20:19:35 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん

台風に限らず大雨が降ると自然に近い川ではおっしゃるとおり底石が動き河原が動き岸の形も変わります。
多摩川ではダムの放水があったはずです。
小河内ダムの底水は冷水と聞いています。
魚の動きも変わりますね。
小畔も一部のオイカワは集団を作り冬ごもりの準備に入り始めました。
  1. 2017/11/07(火) 04:55:12 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

オイカワ釣りが好き過ぎ

掲載の小畔川の写真の後ろが私です、先日は失礼しました、あまり釣れないでしょ?と声を掛けていただき釣れますよ、と答えてしまいました、フライにもかかわらず単なるアンマ釣りの様な釣り方に見かねてお声掛けいただいたのだとブログを拝見し理解いたしました、是非機会がありましたらご指導いただきたいと思っております、ウエットのダウンクロスやドライをキチンとマスターしてよりオイカワフライフィシングを更に楽しみたいと思っています。是非よろしくお願いいたします。
  1. 2017/11/17(金) 17:37:09 |
  2. URL |
  3. むつおちゃん #ZrWQPxE.
  4. [ 編集 ]

 むつおちゃんさん

 コメントありがとうございます。
 オイカワは簡単に釣れますが、狙った釣り方で狙ったところを釣るのは難しい釣りになると思います。
 釣ったと釣れたの違いで奥が深いと思っています。
 私もまだまだ練習が足りず、日々鍛錬です。
 各地に赴任する度にオイカワ道場を開設してきましたが、小畔川のもありますよ。
 むつおちゃんさんが釣ったところと橋から上流を道場としています。

 いつでもご連絡ください。
 ご一緒に練習しましょう。
 オイカワの盛期は過ぎたようですが日並によっては釣れます。
 土日は大丈夫ですからメールを入れてください。
  1. 2017/11/19(日) 20:09:59 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/984-16e8c9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)