FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

冬のオイカワ 意外なところに集まっている!

竿を持っての小畔散歩、本命はこちらです。
いつもの通り金堀橋から上流へ、そして、下流をチェック

今回は河川改修がされているのでその結果を確認する必要が有りました。


20171218113234a93.jpeg

鳥を見ながら吉田橋

真っ黒になるほどの群れができていました。
冬のオイカワの習性に、水温が下がってくると固まるようです。
例年のことですが 12月に入ると今迄どこでも釣れたオイカワの姿が見えなくなってきます。
小畔川は水源が今話題のムーミン谷から流れてきますが、途中で湧き水を集めているため、雨が降らなくとも流れは細くなりますが未だに瀬切れは見たことがありません。

そうなると湧き水があるあたりは水温が少し高くなりますから、湧き水周辺のプールにはオイカワが集まります。
しかしなのです。
そんな習性と相反する個体の集まりがあるのです。
この連中意外と食欲旺盛で群れを作って移動しています。
大好きなところは食糧があるところですが、併せて底石が綺麗なところを探しているようです。



20171218113235716.jpeg

このぐらいのがドライに反応してくれます。
反応の仕方は変わってきていますよ。
盛期は、着水するかしないかで飛びついてきましたが、ドラッグフリーでポイントに流し込むと下からスーと浮き上がってパクリなのです。
非常にゆっくりで夏のつもりでひと流しではなく、少し気を使います。
渓流の釣りに近いですね。
しかし、群れになっているオイカワはかなりのセンシティブ。
ラインが頭の上を通ったらパッと散ります。
違う種の魚釣りのようです。

20171218113743eca.jpeg

吉田橋上はこんあになっていました。
河床に堆積した砂利を撤去していました。
台風の出水で流れた土砂、以前からの堆積物 数年に一度作業をしています。
ほんとにフラットになるのですが、大雨が降って出水するとまた川の流れが変わってきます。
工事の是非は問いませんが、結果としてその後この場所はオイカワの天国に変わります。
ご存知の通りフラットな河床に小砂利底、理想的な住処に変わります。
そしてこういった場所はカワムツには住みにくいようで、この付近にはほとんど生息していないのです。
定期的な工事によって魚の種類が制限されるのも面白いです。




20171218113237853.jpeg

こちらは高橋のプール。
ライズが散発。
なかなか反応しないのですがツボにはまるとこのぐらいのがバシャっと出てくれます。
フライをしばらく流してポイントを通過させないと釣れませんよ。
気にならないところにキャストして群れの上をフライが通るようにすると、やる気のある奴がスーッと浮かび上がってパクッと食う訳です。
こういった釣り方は楽しいのです。
狙って釣る。
釣れちゃったではなく釣ったぞー!


20171218113258b82.jpeg

こちらは金堀橋の下です。
全く反応なしでした。
いない訳は無いのですが静かなものです。
上流の工事の影響でしょう。
今まで砂利底だったところは砂に埋もれています。
オイカワの大好きな流れとは違ってきました。

少しずつオイカワ釣りのセオリーが整理されてきたような気がします。

スポンサーサイト
  1. 2017/12/18(月) 13:36:58|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<今年一年を振り返って | ホーム | 冬のオイカワ 久しぶりに小畔を歩く>>

コメント

こんばんは

今年の7月に大宮に行く途中、小畔川に立ち寄りさせてもらいました。
金堀橋から東武の鉄橋をくぐり、丸い飛び石ーたかはしー長方形の飛び石の少し先までのホンノ短い距離でした。
この辺でJetpapaがオイカワと川を楽しまれている姿が思い浮かびましたわ。

今年やっと入間川のウノタワから河口の新木場までが終わりましたので
何れは小畔川をムーミンから落合橋まで歩いてみようと思っています。
  1. 2017/12/19(火) 21:45:42 |
  2. URL |
  3. 奥武蔵の山人 #-
  4. [ 編集 ]

 奥武蔵の山人さん

 御無沙汰しております。
 冬の小畔川流域は草が枯れて歩き易くなっています。
 鳥、動物がすぐ傍にいますので楽しいですよ。
 今は吉田橋上流で河床な溜まった砂利を撤去する作業中で少し趣がなくなっています。
 ムーミンさんから落合橋まではちょうど一日で良い距離でしょうね。
 散策記事楽しみにしています。

 ウノタワから東京湾凄いと思いました。
 僕は以前長靴でウノタワを往復したら親指の爪が大変なことになってしまいました。
  1. 2017/12/20(水) 21:02:28 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

三重県の河川でも初雪が降るような頃から急激に姿を消してしまいます。
テトラの隙間とか岸沿いの植物絡みのえぐれに良いサイズが集まって動かないでいるのは見かけますが、

>そんな習性と相反する個体の集まりがあるのです。
この連中意外と食欲旺盛で群れを作って移動しています。

そうか、こちらでもそんなグループが居るなとあらためて思えました。
  1. 2017/12/22(金) 21:16:32 |
  2. URL |
  3. release-windknot #2x.LPFvg
  4. [ 編集 ]

 release-windknot さん
 こんばんは。
 三重のオイカワは如何でしょうか?
 一昨年の名古屋勤務の時には熊野参りに行く途中、良い川があるなと思いました。
 同じく冬でも元気グループはあるんですね。
 どういうう訳で元気グループとおとなしく固まってしまうグループに分かれるのか?
 これもわからないのです。
 オイカワの習性はわからないことだらけです。

  1. 2017/12/23(土) 19:15:46 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

吉田橋の上のフラットが復活ですね。もう何年も前に見た光景にちょっと嬉しく思います。暖かくなるのが楽しみです。
  1. 2017/12/26(火) 23:49:48 |
  2. URL |
  3. tom #-
  4. [ 編集 ]

 tomさん

 河川改修は環境破壊と言われますが、オイカワにとってはこのおかげで大好きな場所が確保されています。
 吉田橋上も数年で土砂が堆積し葦が茂りだしましたが、今回の工事でフラットになり次はどうなるか流れの変化も楽しみです。
 大雨が降って更に土が流れ小砂利がむき出しになってくると以前のオイカワ天国が復活すると思っています。
 ただ、残念なのは、この工事で流れた土砂が下流部の小砂利の上に堆積してしまい今までのオイカワ天国が大分潰れてしまいました。
 大雨が降って河床が動くのを待っています。
 
 来年も宜しくお願いします。
  1. 2017/12/27(水) 05:39:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

冬枯れの川景色もいいものです

その昔、入間川でいい思いしましたが
そこは、やはり伏流水が涌いていました
サカナも賢いですな


ムーミン谷ができるんですね

ニョロニョロやスナフキンも小畔川にあらわれそう(笑)

よい年をお迎えください

  1. 2017/12/28(木) 11:17:06 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

 ジェロさん

 冬枯れ!
 風流な言葉ですがうら寂しい風景となった河川敷です。
 湧水があるところはお見通しのようで真っ黒い塊になっています。
 そして、落ち葉の下に潜る奴と群れになって寒いのに元気一杯に泳ぎまわる二派に分かれます。
 小畔では元気組はそろそろ見られなくなります。
 ムーミン谷に変わりましたから今年からは少し状況が変わるかもしれませんね。
 何とも??
 某フライの雑誌からは厳しく漁協の在り方を叱責されていますが、あそこは飯能市の管理池で漁協はお借りしているのです。
 魚よりムーミンのほうが好きと心変わりされてしまいましたら為す術もございません。
 せめて小畔のオイカワが元気に泳いでくれるのを期待するのみ。

 良いお年をお迎えください。

  1. 2017/12/28(木) 16:13:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/987-026f0efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)