小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

国立博物館特別展 仁和寺 御室派のみほとけ


楽しみにしていた国立博物館特別展、仁和寺御室派のみほとけ展
本日、念願叶って鑑賞してきました。

20180227204237684.jpeg

メンバーズプレミアムパスを購入して入場です。
昨年までとシステムが変わりました。
高くなって不便に
年間6回の特別展に入場できましたが、今年からは四回です。

20180227204239758.jpeg

このエリアだけ撮影が許可されています。
中央に菩薩が、両脇を天部の仏像がかためています。
これだけ揃うと壮観です。

20180227204235f4c.jpeg

向かって左端に風神が配されています。



20180227204238085.jpeg

右には雷神が



20180227204403057.jpeg

雷神の横から中央を覗くと、壮観です。
様々な仏像がこれでもかと並んでいます。
京都の三十三間堂の配置とおなじです.

20180227204405fe2.jpeg

一つ一つ違います。


20180227204402112.jpeg

お茶目な方


201802272044010e2.jpeg

恐ろしげな方



20180227204406f0c.jpeg

伽藍の後ろの通路は天国と地獄の光景です。


これはほんの一部、あとは撮影禁止

絵巻物、曼荼羅、仏像と心行くまで眺めて来ました。

おまけをつけておきます。

201802272107194f3.jpeg

中国の人形?


20180227210719a7f.jpeg

お茶目な唐三彩

2018022721071648e.jpeg

ガンダーラ釈迦像


2018022721072027a.jpeg

印譜呉昌顕彫集

スポンサーサイト
  1. 2018/02/27(火) 21:20:27|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<組合員腕章が届きました | ホーム | 御年始の挨拶>>

コメント

こんにちは

お久しぶりです

見事なもんですね~
仏像の事はそんなに詳しくないですが当時の衣類の柄のデザインだったり
配色センスだったり
伝わるものがありますね かなり細かいのでそれだけ打ち込んで作られたものと分かります
造形的にも優れていますね こういった造形美は海外でも絶大な支持ありますもんね

西側とはまったく違う文化ながら強固な信仰の上
妥協を一切排除した美には
洋の東西はないのでしょうね 見事
  1. 2018/02/28(水) 13:03:17 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

 yutkunさん

 真言密教の真髄がこの配列にあるのかと思います。
 ここだけが撮影許可されていましたので、アングルを決定するのに一苦労でした。
 如来、観音、天等々沢山の仏像を拝むことができました。
 また、鳥獣戯画の原本を当寺模写した物、絵巻物面白い展示が沢山ありました。
 経典などは国宝として展示されていましたが文書にはあまり興味がなくこちらの仏像み魅入ってしまいました。
 もう直ぐ解禁です。
 そろそろ準備をしなくてはと思う今日この頃です。
  1. 2018/02/28(水) 20:12:10 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/990-cdc14d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)