FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今朝の矢田川絶好調 韋駄天が何匹も挨拶に!


今朝も暗いうちに目が覚めてしまった。
昨夕の感覚がまだ残っていました。
韋駄天が遊んでと待っている。


20150720105344138.jpg

5時、日が昇ると真っ青な空。
もう梅雨明けだろうか?







2015072010534608f.jpg

5時半矢田川道場に到着すると既に練習をしている方が。
NGHRさんでした。
大分釣ったとのこと。
テンカラ修行です。
長崎で毛バリ釣りの面白さを、少し鼻薬を嗅がせたらBIG BITE!
一発で虜になってしまったようです。
土曜日にはバイス、ボビンなどのタイインググッズを購入。
燃えているのでした。




2015072010534783b.jpg

6時近くなると陽も登り日差しが気になります。
こんな時は河畔に建つマンションが役にたっています。
そうです。
建物の日陰で釣るのです。
川風は涼しく日陰、しかもサンダル履きで川の中 気持ちが良い。





201507201053483ab.jpg

今朝はドライにこだわっての釣りです。
少し簡単なダウンクロスとダウンのドライ。
なかなかライズは発生しないのですが、見つけたら狙ってキャスト。
虫が落ちるようにフワッと落として自然に流すとバシャっと出ました。
最初のフライで出るのは韋駄天もどき。
薄化粧の控えめな姿の地味な韋駄天。
しかし、引きは同じで十分に楽しめます。



20150720105350603.jpg

NGHRさんが初めて巻いたフライを頂きました。
先程と同じ釣り方。
ドライマジックをたっぷり塗って浮力抜群、ドライ勝負ができます。
アレレ?
鈎を替えたら、ハッキリと婚姻色に変わった韋駄天が釣れました。


2015072010542775f.jpg

飛行機雲が二本
高い空に雲
更に蒼い空
ソロソロ暑くなってきましたので撤収。



201507201054288f6.jpg

NGHR一号です。
募金で頂く緑の羽根で巻いたそうです。
#21で巻いています。
これから進化していくのが楽しみです。

魔道にシッカリハマった獣編がまた一人確実に誕生しました。

毎回書いているのですが、名古屋の方は勿体無いことをしているのです。
こんなに恵まれた環境が身近にあるのに誰も釣らないんですね。
先週、オイカワ餌釣りの方が3人いましたが釣れなくてつまらないと言っていました。
フライでオイカワなら入れ食いと心で思いながら。
こんなに面白い釣りをしないのはもったいない。

渓流の練習が自転車で直ぐそこで楽しめるのです。
サンダル履きで川にジャブジャブ。
オイカワを極めても良し、ハマリますよ。

20150720105425d7f.jpg

ここは九重部屋。
名古屋場所中日が過ぎたところでこれから後半戦です。
今朝は、道場に向かう前に此方に伺いました。
少し早過ぎたようでお相撲さんは未だ夢の中。
ひっそりとしていました。
相撲部屋を訪ねたことはないので興味津々、どんなものか見てみたかったのです。
八角部屋も近くにあるので訪ねてみたいのです。
九重部屋が千代の富士、八角部屋は北斗海ですね。

夕方、また行ってみよう。
  1. 2015/07/20(月) 11:47:48|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水位が高く韋駄天も大喜び

台風11号の影響で名古屋地区も土曜日まで雨模様。
程よく水位も下がり、オイカワも元気一杯の矢田川です。
鉄橋から矢田橋下流までオイカワ道場で修行の夕方でした。



201507192113179d0.jpg

水位は少し高め、活性は極めて高い。
澪筋の駆け上がりを流すと下から突き上げてきました。
この瀬にはいつも韋駄天が着いており、産卵のために縄張りを作っているようです。



20150719211318d92.jpg

イマイチ地味な韋駄天さん
今日はこの色合いばかり釣れます。



20150719211320963.jpg

底石はピカピカです。
大水が出て引いて直ぐ、最高のコンディションですね。
此方に移ったら、入れ食いに近くなりました。


20150719211321544.jpg

対岸のキワに時々ライズが出るのでそこを狙ってドライ勝負。
着水して少し流すとバシャッと反応します。
何もなければそのまま流すと今度はウェットの釣りに変わります。
ドライとウェット、一投で2度美味しい釣りです。
今日も貸切です。
散歩の方が声をかけてくれます。
何が釣れるか、興味津々。
シラハエのフライフィッシングを初めて見る方ばかりでした。
こんなに楽しいのに名古屋の方はやらないんですね。
もったいない。


201507192113231b7.jpg

やっと一匹、正真正銘の韋駄天が釣れましたが、お腹はペっしゃんこ、やつれていましたよ。
  1. 2015/07/19(日) 21:43:30|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の矢田川 ウェットで入れ食いに!


暑い1日でした。
夕方四時過ぎから夕涼みを兼ねて矢田川道場へ。

20150712220632611.jpg

韋駄天が直ぐに挨拶に来てくれました。
種の始め、日曜日だからでしょうか?
正真正銘の真っ黒で、追い星がはっきりしたギラギラの韋駄天を釣りました。


20150712220633b07.jpg

鰭が発達しており抜群の引き味です。
面構えも精悍、俺が韋駄天だと言っているようでした。



20150712220634c27.jpg

矢田川中流域は川幅も広くジャリ底ということもあり、オイカワにとっては天国みたいな川です。
ここは何時もの鉄橋から少し歩いて上の瀬頭。
歩いて渓流感覚で釣るのが楽しいのです。

鉄橋から矢田橋の瀬では餌釣りの方が慣れを挟んで三人。
右岸を釣っている方に釣果を伺うと全然釣れないとのことでした。

遠目に眺めていましたがなかなか竿は曲がらないようでした。

上流から瀬頭、瀬、流れの当たり脇の返し、弛みと探っていくとオイカワの付いているところがわかります。
ここまで入れ食いとはいかないがよく釣れています。
韋駄天三匹、変身途中いっぱい、イワシサイズ、雌?は多数。
釣れない訳はないのだが。

2015071222063697c.jpg


このタイプが釣れています。
韋駄天もどきでしょうか。
まだ顔も黒くなっていないが身体はギラギラです。

201507122206525bb.jpg

最後は矢田橋下流200mから続く瀬下の流れ。
対岸の護岸付近が澪筋、ここから手前にかけて駆け上がり、手前はジャリ底の丁度良い流れ。
ダウンクロスで良型連発。
今回は駆け上がりから少し大きな石が入っているところ、手前の流れが変化するところには必ずイワシサイズが付いていました。
流れ終わりにシェイクを入れながら少しリトリーブをすると反応上々でした。
鈎はドライ、沈んでしまったら気にせずウェットに。
こんな形の釣り方でした。
ほとんどライズは見られず。
しかし、夕方だし小さな虫も飛んでいる。
川面を涼しい風が吹いてきた。
条件が合ったようでした。

ギャラリーは水遊びの女の子二人、対岸の斜面ではグラススキー?

貸切で2時間、存分に釣って楽しみました。

今日から成田出張。
夕方は根木名川?

とりあえず竿は持って行こう!
  1. 2015/07/12(日) 22:12:14|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

金曜日の夕方遊び



金曜日は1時間早く退社することができました。
まだ明るいのでオイカワ道場へ


20150711214801894.jpg

何時もの矢田橋です。
右岸から
前日の雨で水位が高い。
左が名鉄瀬戸線、左は矢田橋。
韋駄天が挨拶に。


20150711214759b9c.jpg

ウェットで誘ってみました。
今回のフライは水上公園の当たりフライ。
水面直下をシェイクで引くと鱒が狂ったように追いかける不思議なフライ。
#18の鈎。
小物は咥えることができません。
釣れたのは韋駄天とでっぷりと腹が膨らんだグラマーお姉さん。
小一時間、楽しみました。


  1. 2015/07/11(土) 21:56:28|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

矢田川オイカワ道場 只今三人で鍛錬中!


矢田川にオイカワ道場を開いて一ヶ月、いつも一人で鍛錬でしたが今日は三人。
お馴染みのみけんさんと初登場のNGHさんです。



201507052108297b8.jpg

みけんさんは息子さんと自転車でNGHさんはご家族でやって来ました。
NGHさんは職場の同僚、前回の長崎出張でオイカワを釣ってもらったらすっかりハマってしまい、早速テンカラ一式を揃えてやって来ました。
実は既にプリトレーニングをしているそうです。
獣偏ですね。



20150705210831736.jpg

ドヤ顔で釣ったぞー!
そうなんです。
NGHさん、プリトレーニングをしていたのですが未だ釣れていなかったのです。
入魂達成!
良かったね!


201507052108325b2.jpg

みけんさんの竿を借りて釣った韋駄天。
この竿は#3だがやたらにコシが強く上手いことキャストが決まると矢のようにラインが飛んでいく。
キャストが好きな方には一押し。



2015070521083487d.jpg

矢田川韋駄天。
薄化粧ですね。
瀬頭の一等地に着いている韋駄天。
矢田川では薄化粧がトレンド?
鰭のマークは同じ程度の鮮やかさですが、体色は薄い!
追い星はあまりハッキリしていない。
顔も黒くなっているところはごく一部。
ギラギラしたのが韋駄天。
イマイチ足りないのです。
産卵期は8月頃まで。
もう少しギラギラするようになるのだろうか。
雄が韋駄天に変身するには強烈なホルモン分泌が必要だそうです。
このホルモンを分泌することにより身体が弱ってしまうそうで、強い雄だけが韋駄天に変身できるのです。
種の保存を考えれば理にかなっている事で、強い遺伝子が受け継がれていきます。

矢田川の雄は絶倫じゃ無いのか知らん?
しかし、釣った瞬間キターっと判るほど強い引きです。
名古屋韋駄天、もっとギラギラになって楽しませて下さいね。


20150705210835ba3.jpg

木曜日は無性に味仙の台湾ラーメンを食べたくなり、仕事帰りに千種駅の近くにある本店でラーメンとニンニクチャーハンを食べたのですが、今日はスガキヤラーメン。
名古屋名物を語るにスガキヤラーメンは外せないとテレビ番組で言っていたのを思い出しお昼はこれを食べに行って来ました。
豚骨スープのようですが味は魚介系、煮干の味が強い。
麺は細麺、博多ラーメンのよう。
何よりもビックリはこのスプーン?です。
スプーンの先にフォーク?
お箸を使わないでこれで食べる?
不思議ですね。
名古屋市民が大好きなこのラーメン。
三百円です。
美味しかったです。


  1. 2015/07/05(日) 22:11:16|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

矢田川で名古屋の韋駄天とご挨拶!


矢田川 オイカワ道場!

やっと韋駄天さんと対面できました。



20150620214726743.jpg

矢田橋周辺はアクセス抜群、オイカワ遊びには最適です。
名古屋ではシラハヤと呼ばれています。
今日は活性抜群、楽しみました。
日も陰った五時から7時まで十分に楽しめました。


20150620214726a54.jpg

今季初!
矢田川韋駄天が釣れました。
定番の瀬頭。
今までの引きとは全く違う。
もしかして?
そう、もしかして韋駄天を釣りました。
名古屋で初です。
少し顔が黒くなって、体が色着いて。
埼玉の韋駄天と比べて、やや薄めの極彩色!
しかし、ヒレは発達しており引きは抜群です。



2015062021472843a.jpg




201506202148107e6.jpg

2枚泳いでいるところ。
嬉しかったのは小畔3号で狙って釣ったことです。
定番の瀬頭でライズ!
今日は風が強く僕にとっては難しい状況でしたが、狙ったところにフワッと着水。
うまい具合にドラッグもかからず自然に流れたら。
バシャッと出てくれました。
なんか悔しそうな顔に見えるんですね。


20150620214812a87.jpg

薄暗くなってきたら大きなライズリングが連発でした。
これを見逃すなんてできません。
何度キャストをしても反応無し!
オイカワ気持ちがわからない。
さっきまでは少し上流で反応してくれましたが、ここでは無視されっぱなし。
こうなると燃えます。
燃え尽きてしまい、遊ばれてしまいました。
明日の朝は仕留めるぞと誓って止め!



201506202148137de.jpg

気がつくと7時過ぎ、薄暗くなりかかり。
2時間堪能させて貰いました。

何度も矢田川に通っていますが、シラハエ遊びをしている方を見かけません。
フライでオイカワなんて方は当然ですが誰もいません。

勿体無い。
名古屋の方はフライでオイカワ・・・・・・・シラハヤの楽しさを知らないのかしらん?
以外と難しくて奥が深い。
自転車ですぐそこ、電車で来ても駅からすぐそこ。
スニーカーで🆗
お手軽釣行なのです。
この釣りでオイカワをしっかりドライで釣ることができる方は渓流なんか屁の河童!
練習に最適です。
中には雑魚釣り専門で渓流よりのめり込んでいる方も沢山います。

名古屋の方は勿体無い事をしていますね。

明日の朝も涼しいうちにリベンジだー!

  1. 2015/06/20(土) 22:05:32|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シラハエ行脚


昨日土曜日は矢作川上流の長野県を流れる根羽川流域に行ってきました。
この記事は後日。
今朝は、オイカワチェック。
いつもどおり5時には起きているので、近くの矢田川に千種クルーザーでむかいました。

2015053115515186b.jpg

五時半自宅発
名古屋ドーム前を北進です。
イオンを過ぎて名鉄瀬戸線 矢田駅前を通過矢田橋を渡ると右岸沿い、渡らずに直ぐ右折すると左岸をたどる事ができます。


20150531155152c62.jpg

今朝は右折して直ぐ土手を下り目の前が川です。
ここでライズ発見、また戻り矢田橋を渡って右岸にここから練習です。
朝から風が強く#3ロッドを持ってきましたが苦戦です。
この場所は練習には最適。
河原は広く障害物が無いので何人でも釣りができます。
この前後には瀬あり淵あり、底は小砂利でオイカワが大好きな場所です。
オイカワ道場には最適と思っていますが、先週沢山いたオイカワが何処かに行ってしまい寂しい状況です。
それでも、ライズが定番の瀬頭で発生していました。
しかし、7時過ぎにはライズもなくなり静かになってしまいました。
小畔三号#20には全く反応しなくなってしまいました。

シラハエ。
名古屋周辺ではオイカワをシラハエと呼びます。
ですからシラハエ修行、シラハエ道場ですね。

場所を変え、上流を目指します。
前回、みけんさんに案内していただいたポイント、自分でチェックしたポイントを探りながら歩いてみました。



201505311551502f4.jpg

この雰囲気、如何でしょうか。
河畔林に覆われ底は小砂利。
瀬があり淵があり
シラハエ、沢山いました。
ライズも発生していました。
中にはイワシサイズが群れになっているところも。
反応も上々。
魚影はここが一番でした。
矢田川支流、香流川です。
有望ですね。
鯉が沢山泳いでいます。
ナマズも確認できました。

問題はキャス練には全く不向き。
釣りには最高。
生活圏内で2面護岸ですが、シラハエにとっては暮らしやすい良い川です。

シラハエ釣りを通して渓流でのフライフィッシングが全て練習ができます。
名古屋に暮らして2ヶ月が過ぎました。
矢田川には週末通っていますが、フライマンを未だ見かけず。
フライで鯉も楽しいし、オイカワも熱くなれます。
ドライの釣りを練習するには最適と思っています。
特にアップでシラハエを確実に釣ることができるようになると怖いもの無し。
良い練習になると思うのですが。

なんてったって、自転車ですぐそこ、街中を流れる川で遊べます。
渓流まで行けない時に、フット釣りたくなった時、そんな時気軽な釣りなんです。

しかし、雑魚釣りですが奥が深い。
僕を含めてこの釣りにはまっている人が沢山います。

名古屋の方はもったい無いですね。
矢田川、素晴らしいフィールドです。

以前の赴任先大阪でもオイカワを楽しむ方はいなかったのですが、大阪空港横を流れる猪名川にオイカワ道場を開いたところ、オイカワを楽しむ方が集まるようになりました。

こんなに楽しいところがあるのに勿体無い!

それとも名古屋ではフライで雑魚は知られていないなでしょうか?

楽しいですよ。


  1. 2015/05/31(日) 16:29:06|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

矢田川 オイカワ本番! ライズに翻弄される!


矢田川のオイカワが本番を迎えている。
金曜、土曜日と探索してきたが両日、違った顔を見せてくれました。

201505240517341a2.jpg

腹がパンパンに膨れたオイカワ。
ドライでこれを釣りたかったのです。
厳しい、難しい!
この時期は良型がフライを追いかけて着水と同時に食ってくるはずと思っていましたが、違いました。
ライズが発生しても食ってくれない。
金曜日の日没前、ユスリカが水面ギリギリに飛んでいました。
スーパーライズ!
ポイントなんて関係なし、至る所でライズ、ライズ、ライズの嵐。
でも、見切られる。
ユスリカは小さい。
どう見ても#30以下の大きさです。
僕の小畔三号は#18の鈎にハックルも鈎に比べて少し長めにまいています。
完全に見切られています。

こんな時は熱くなります。
こんな時はと手を変え品を変えやっと釣れました。
嬉しい、これこそ釣った魚デス。
釣れたと釣ったでは意識が違います。

フラットな水面での釣りはごまかしが効きません。
魚はフライをしっかり見ています。
思ったところにフライを飛ばしてイメージ通りに流すことができた。
それでも食いません。
思い通りに何度も流してやっと食いついてくれました。

キャス連やってて良かった。
何度も同じところに同じ要領でキャスト。
無風ならどうにかなるが、両日とも向い風。
#1のシステムでは辛いのですが。
今まではとてもキャストは無理でした。
ライントラブルの連続だったでしょう。
ところが多摩川でのキャスティング講習会の成果が出たのです。
フライの回転によるティペットのヨレは仕方がありませんが、バックで引っ掛けたり、ターンが出来ないといった今までのトラブルは無し。

その分、釣りに集中できます。
そして釣れたではなく釣ったのがこのオイカワでした。



20150524051732e4c.jpg

連休前の矢田川は鯉ばかりが目立ち、オイカワの姿は確認できなかったのですが、今回は、どこに隠れていたのか姿を現してくれました。
この河原は如何でしょうか?
バックも十分に取れます。
広い。
10人ぐらい並んで釣りができる。
川遊びなどあまり入らない。
そんな場所を何箇所か見つけました。

そうなんです。
名古屋でもオイカワ道場を開いてみたいと思いました。
条件があります。
当然ですが魚影が濃い河川。
アクセスの良さ。
この二つは絶対条件です。

大阪では猪名川が最高の条件でした。
伊丹駅からイオンモールを抜けて猪名川。

矢田川も同じような立地のようです。
矢田駅、ドーム前駅、JRからも歩いて来れそうです。
車では土手沿いに停められる所がありました。
矢田橋周辺良いですね。


20150524051735767.jpg

土曜日の夕方。
上流に矢田橋デス。
昼間は川遊びで賑わっていました。
フライマンが一人黙々とキャストを繰り返しています。

名古屋に来ることが決まったらコメントを入れていただいた みけんさんです。
メールのやり取りでお人柄は十分に解っていました。
初対面ながら古くからの友人のように直ぐ打ち解けザックバランなお話。
ブログやってて良かったなーと思う瞬間です。
釣りをやってて良かったなーと思う瞬間です。
単身赴任で見知らぬ土地で暮らす。
若ければ夜な夜なネオンを求めて繰り出しても良いんですが、体が持ちません。
この歳になって仕事以外の友人ができるのは本当に嬉しいんですよ。

早速、ポイントを案内していただきました。
三箇所まわって最後はここです。
フライが見えなくなるまで遊んでしまいました。
その後はお話を。
真っ暗!
あれあれ、自転車の鍵番号が見えない!
そんな時間になってしまいました。
千種周辺の楽しみ方。
通勤のこと、次の釣行は飲みながら相談すること、キャストのこと。
時間はあっという間に過ぎて再会を約束して解散としました。


201505240523570b4.jpg

いつもの事ですが、こういったものを集めるのが趣味です。
嘘です。
度頭に来ますが誰かが回収しないと危険なので拾います。
今回は川の中、ピックアップ時に引っかかりました。
このラインが水中を一直線になって漂っていました。
鯉釣りの仕掛けです。
#3の道糸に重りをつけて二本鈎、パンを練って団子にした餌を付けて底餌を吸い込んでいる所を狙った仕掛けです。
道糸が30m程度付いていたのでリールを使った釣りと判断できます。
矢田川で鯉釣りをしている方々の仕掛けなんでしょうか?

どんな方が放置したのか?
恐らく根掛かりで重りが外れず無理に引っ張ったらラインが切れてしまったようです。
回収するのは大した手間ではないはず。
これってとっても危険なんです。
放置した方は解っているのかな?

この辺りは水遊びに入ります。
絡まってパニック、恐らく溺れ死ぬ事があります。
ベテランダイバーでも釣り糸に絡まってパニックに陥る事があるそうです。
素肌に釣り糸が絡まったら驚きます。

自分の家族、子供が事故に遭ったら悔やみきれないと思うのですが。

そしてもう一件。
この鈎は二本とも返しが付いていました。

刺さったら大変です。
抜けません。
無理に抜こうとすると大人でも泣きます。
バーブレスにしましょう。

最後は少しくどくなってしまいましたが、安全に釣りを楽しむための最低限のマナーデス。
お猿さんにならないようにしましょう。
もう一つオマケ。


猿は捨てるが拾わない。
ゴミを拾うは人ばかり!







  1. 2015/05/24(日) 06:34:07|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
前のページ