小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

思い立ったら善光寺!

 
 
 休日出勤が続くので、九月一日木曜日と翌金曜日に代休を取り4連休としたところか始まるのです。
 どう過ごそうかと考えていましたが、先の台風9.10号の影響で、河川の水位も高く釣りは諦めたところ、ひらめいたのでした。
 牛に引かれて善光寺。
 まだ行ったことがない。
 そうだ、善光寺詣りに行こう!
 8時頃、行こうと思い立ち、整形外科で何時もの膝の注射をしてもらい、川越を出発したのは11時前。
 いざ、長野へ。

 鶴ヶ島インターから関越道、藤岡ジャンクションから上信越道長野インター経由善光寺。
 2時間少々で到着。
 少し遅いお昼は善光寺の参道で十割信州蕎麦を頂くことができました。
 蕎麦には僕も少しこだわりますが、ここの蕎麦は文句なしに美味しかった。
 ランキングの一位だそうです。



DSCN2031.jpg


 善光寺詣りがなぜか戸隠神社。
 この日の長野市内は33度。
 たまらなく暑い一日でした。
 2時過ぎからの御参りは大変です。
 奥も疲れてぐったりしています。
 私と行動を共にすると疲れて疲れて大変なんだそうです。
 とりあえず今夜の宿を検索。
 平日、夏休み明け。
 直ぐに予約ができました。
 宿に奥を残して戸隠へ。
 遠いですね。
 しかし、風情が素晴らしい。
 途中の川も素晴らしい。
 釣り道具一式は何時も積んでいますから、フラフラッと行ってしまいそうになりましたが、イヤ、参拝に行かなければと向かったのでした。


DSCN2029.jpg

 
 石段を登っていくと本社が鎮座しています。
 膝の調子がイマイチの私にとって石段を上り詰めるには覚悟が要ります。


DSCN2085.jpg

 そして御朱印を頂きました。 


DSCN2035.jpg

 早朝7時の善光寺。
 涼しいのです。
 昼はまた30度を超える予報でした。
 朝一の参拝が正解でした。
 檜皮拭きの屋根を持つ木造建築では日本で一番大きいのだそうです。
 


DSCN2040.jpg

 中は撮影ができません。
 熱心にお参りをしていました。
 外陣、内陣、御本尊、そしてここに来たらお戒壇巡りです。
 御本尊が安置される瑠璃壇下の真っ暗な回廊を通り極楽への錠前を探り当て秘仏の御本尊と結合する道場なのだそうです。
 鼻をつままれても判らない。
 真っ暗闇を歩きます。
 奥は牛に引かれずjetpapaに引かれて通りました。
 残念ながらどれが錠前なのか判らなかったのです。
 しかし、不思議な世界です。 
 入口を下って入り徐々に暗くなり何も見えない漆黒の世界。
 心が騒ぎましたが、しばらくすると無心に右手の感覚のみで壁伝いに進みだすと第六巻感とでも言うのでしょうか、別の感覚が働いてきました。
 透き通るような無限の世界をイメージしていたようです。
 直ぐにその気になってしまう私でした。

DSCN2091.jpg

 お戒壇巡りの入口には御朱印を書いて下さる方がいます。
 巡っている間に二種類と印を一枚頂きました。
 これは善光寺。


DSCN2090.jpg

 達筆ですね。
 何と読むのでしょうか?
 鐘仏?

DSCN2092.jpg

 御戒壇に祀られる秘仏の御本尊。
 寺の方に話を伺うと秘仏なので誰も拝観したことはないそうです。
 御本尊は金襴のお戸張の奥に厨子があり、その中に布に包まれて鎮座しているそうです。
 布にくるまれているものを持つと重いのできっと御本尊様が入っているはずと話していました。
 秘仏で誰も見たことがないそうですから。
 私はお戒壇巡りで鍵に触ったはずですから心が通じたと思っています。

DSCN2095.jpg

 こちらは大勧進で頂いたご朱印三種。
 大勧進?
 仏法を説き、作善をなすように勧誘策進することでそれが善光寺本坊の名前となっているとのことでした。


DSCN2094.jpg

 如来様

DSCN2093.jpg

 不動様

DSCN2046_20160904055546e0b.jpg

 参拝が終わり駐車場に戻るとオニヤンマが愛車の後ろで休んでいました。
 シャッターを切った瞬間に飛び立ちました。
 この場所は虫に取って居心地が宜しいのかもしれません。
 前記事ではナナフシが休んでいました。

 トンボは縁起が宜しい。
 武家にとってこの虫は最高によろしいのです。


  1. 2016/09/04(日) 07:10:07|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下名栗諏訪神社の獅子舞


日曜日は蟲が騒いで名栗へ
まだまだ水が引かないのはわかっているんですが行ってみました。

DSCN2004.jpg

いつもよりかなり水量があります。
それでもキャスト。
2回ほどバシャバシャとでましたがかかりません。
ドライでは無理なようです。
足元を2匹ヤマメが遡上していきました。
増水を利用して上流へ向かっているようです。
もう直ぐ恋の季節ですからね。

30分で止め!


DSCN2013_201608290819101c6.jpg

下名栗、諏訪神社の前に来ると臨時駐車場にガードマンが誘導しています。
こんな姿の可愛い子が
不思議な姿
綺麗な和服に顔を隠した不思議な頭飾り。
この子達と獅子が主役です。

DSCN2009.jpg

境内で舞
お囃子も素晴らしかったです。
ヤマメに遊んでもらえなかったが、いいものを見せていただきました。




  1. 2016/08/29(月) 08:22:32|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新旧二人の揃い踏み


ちょっと時間ができたので

201605071116193b0.jpeg

越生黒山三滝に向かう途中を右折し川沿いに登って行くと龍穏寺がある。
太田道灌のお墓があり、川越とは縁が深いお寺。


201605071119256f2.jpeg

御朱印を頂き境内を散策。
そして気になるのは脇の流れ。
絶対居る。
煩悩が捨てきれません。


20160507111617c08.jpeg

毛呂には出雲伊波比神社が鎮座しています。
本殿は重要文化財に指定されています。
その横にある立て札は何?
似顔絵が描かれています。
毛呂町出身のスイマー。
オリンピック代表。
瀬戸大也君の立て札です。
素晴らしい。


20160507111923fee.jpeg

丁寧に書いて頂きました。
ちなみにもう一つ看板がありました。
「むやみに猫に餌を与えないこと」
確かに猫が何匹も居ました。

  1. 2016/05/07(土) 11:36:19|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成田出張、根木名川を目指すがライズなし! 成田山新勝寺参拝


今週は成田4泊の出張で機会があればいつも通り根木名川でオイカワ、ウグイと遊ぶかジョイバレーでマスを釣る計画をしました。
しかし、下心があると上手くいかないもので予定の時間は取れず、また、急に雪が積もったり不順な天候で釣りは諦め成田山へ参拝してきました。

20160227171151eac.jpeg

クウタンだそうです。
成田空港のマスコットだそうで今まで気がつきませんでした。


20160227171150601.jpeg

成田山の参道は趣があります。
この建物は三階建、奥の建物は三階建一部望楼があり4階建です。
木造建築で3階、4階建は珍しいですね。
以前は旅館だったそうですが、今は土産物店として営業していました。

2016022717115457b.jpeg

こちらは入り口の総門をくぐり仁王門を正面に見たところです。
海外からの観光客でしょうか、前を歩いている方の言葉はわかりませんでした。
ここから急な階段を登り大本堂に向かうのです。
豆まきが有名ですね。


20160227171218345.jpeg

成田山新勝寺大本堂でいただいた御朱印は不動明王様です。



20160227171219532.jpeg

大本堂に向かって左の釈迦堂の御朱印は釈迦如来様。



201602271712215bf.jpeg

境内にある出世稲荷神社
こちらの御朱印はだきにてんと読みます。
成田屋、市川團十郎が成田山、出世稲荷神社を贔屓にしています。


出張中、お腹が痛くなったり咳が出たりして調子が宜しくなかったのですが、案の定風邪をひいてしまったようです。
この土日は渓流に行こうと計画していましたが全てオジャンです。
午前中に土日の二日間の食料を調達し週末は部屋でカウチポテト。
来週は福岡4泊の出張が控えているので大人しくしています。
つまらない週末になってしまいました。

不動明王様には家内安全をお願いしたのですが風邪を頂いてしまいました。

  1. 2016/02/27(土) 17:09:30|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裸祭り国府宮! 愛知の御朱印各種


愛知県稲城市国府宮。
大國霊神社。
2月20日は裸祭り!
テレビでも全国に紹介されていました。
今日は、大きな餅の鏡割りが行われていました。

201602211816205ff.jpeg

稲城市は名古屋のすぐ隣、国府宮まで直ぐです。
重要文化財の門をくぐると境内です。



20160221181625a15.jpeg

ここで裸祭りが行われました。
本殿です。



20160221181623a3a.jpeg

今日は鏡割りです。
この場所で切っていました。



20160221181622c38.jpeg

この大きな餅を細かく切りこの袋に入れて配るのです。
長い行列に並んでゲットしなければなりません。
ちなみに一袋の初穂料は百円です。
一人10袋まで頂くことができます。


20160221181648cc3.jpeg

こちらが御朱印です。

201602211816501ff.jpeg

お餅は三袋頂きました。
家族分です。
明日の朝飯は家族の健康と幸せを祈りお雑煮にしてこの餅を頂く予定です。

左は最中です。
神社の近くにあるこのお店は羽二重餅で有名なのですが朝一で直ぐ売り切れます。
オススメの、最中を一つだけ買いました。
帰りに運転しながら頂きました。
とっても美味しかったですよ。




20160221184340ca1.jpeg

こちらは愛知県の寺社仏閣の御朱印です。
愛知県護国神社
細筆で見事な書体です。



20160221184341d85.jpeg

名古屋東照宮
見開に2ページを使っての御朱印です。



20160221184338b3d.jpeg

東照宮と隣接する那古野神社の御朱印です。
もうちょい上手に書いて欲しいな。
字の下手な僕でももう少し心を込めてしっかり書けそうな気がします。


201602211843375fd.jpeg

真清田神社
一宮市に鎮座しています。
尾張一宮です。



20160221184336b63.jpeg

熱田神宮
別格です。

201602211844229c8.jpeg

日本三大お稲荷さんと言われる豊川稲荷




20160221184424e19.jpeg

こちらも豊川稲荷ですが千手観音で書かれた御朱印です。
こちらの境内はぐるりと回りながらいくつものお堂、仏様を拝むようになっています。
昔のアミューズメントエリアですよ。
昔の人は参拝に行くと言いながら美味しいものを食べて見物をして楽しんでいたんですね。
伏見稲荷も同じですよ。



20160221184425fce.jpeg

国宝弥陀堂がある金蓮寺。
面白い御朱印ですね。
何を意味しているか判りますか?
ここの和尚さんご高齢で足も悪く歩くのが難儀でしたが洒落っ気たっぷりでした。
残念ながら弥陀堂は屋根の修理中で参拝はできません。
西尾市吉良町にあります。
吉良、何か思い当たりますか?

忠臣蔵です。



  1. 2016/02/21(日) 19:18:16|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

熊野速玉大社から神倉神社へ あまりに急な石段に足がすくむ!

熊野本宮大社から新宮市 熊野速玉大社へ そして天孫降臨の言い伝えがある神倉神社へと向かいました。


20151206202519da4.jpeg

熊野速玉大社、ここを参拝して念願の熊野三社参りがかないます。


2015120620252291b.jpeg

こちらの社は赤が基調。
全国熊野神社の総大社とのことで、ここに詣でると全国の熊野神社を参拝したことになる?

20151206202523c48.jpeg

速玉大社境内には八咫烏神社がありました。
熊野三社の御印として八咫烏が大事な役割を担っているのですが、やっと八咫烏そのものを祀る神社に出会いました。
私の職業にも繋がるありがたい守神、ひとしおの感慨でした。



201512062027066ba.jpeg

素晴らしい御朱印を頂きました。



201512062027009ba.jpeg

神倉神社
ここは半端じゃないのです。
上を見上げるという言葉がありますが当に参道は見上げるような急な石段が続くのです。
常識を逸脱した急な石段が積まれています。
最大斜度推定60度、平均斜度45度。
登り口には注意書きがありました。
決して石段の端を昇り降りしないこと。
斜面に落ちたら命の保証がないとのこと。
ハイヒールなどの不安定な履物で参拝しないこと。
よくわかりました。
飲酒等正常な状況でないものは参拝してはならないこと。
当たり前です。

201512062027035c6.jpeg

下を見ると四苦八苦している方が。
僕も下を見たら足がすくみました。

20151206202704d0f.jpeg

急な参道を登りきると神倉神社が鎮座しています。


201512062028254bc.jpeg
神社の後ろの大岩の間には神域がありました。
岩戸だそうです。



20151206202827c2d.jpeg

神社まで登ってきたご褒美がこの眺めです。
新宮市がその先の熊野灘が一望できるのです。

2015120620282898d.jpeg

こちらは女坂。
石段が男坂、こちらは女坂。
これが女坂?
とんでもない急傾斜のけもの道。



201512062028295ec.jpeg

御朱印は熊野速玉大社で頂きました。
こちらの社務所には常駐していないらしく大社が代行していました。

20151206202702bc5.jpeg

昇龍です。
参道脇に生えているこのヒノキはねじれています。
こんなの初めて見ました。
毎日ここを登る方が何人もいます。
今回、地元の方で87歳、参拝するのが日課になっているそうです。
毎日参拝しているそうです。
この方がいろいろと教えてくださいました。
石段を上から見ると降り龍。
シロアリに食われても生き続けるシイ。
こちらも気配を感じるところでした。
参拝した価値が十分にありました。

  1. 2015/12/06(日) 20:32:49|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

熊野本宮大社の厳かな気配に神を感じる!



今朝は新宮市高田地区にある雲取温泉からの出発。
昨夜9時に寝たら4時前に起きてしまった。
7時出発、本宮大社へ向かいました。

20151206200036019.jpeg

8時前に田辺市にある熊野本宮大社に到着。
早速鳥居をくぐり参拝。


20151206195842e5e.jpeg

社殿に向かうと不思議なことに涙が流れてきた。
厳かな雰囲気。
神を感じたのかもしれない。


20151206195845146.jpeg

御朱印をいただきました。



201512061958442be.jpeg

そして、烏牛王印もいただきました。
詳しくは書きませんが守護お札です。


20151206200000556.jpeg

人と人を結ぶ社です。
家族の絆、友との絆。
人の絆を守ってくださるそうです。


20151206200002053.jpeg

ここにも古道がありました。

20151206200002e81.jpeg

八咫烏も飛んでいました。
八咫烏の足は3本あるのです。

20151206200004f53.jpeg

こちらは以前の大社があったところです。
熊野川の中州に以前は鎮座していたそうですが、明治の大水害で社殿が流出。
残った社殿を丘の上に移し再建したそうです。

20151206200005b2e.jpeg

流された社殿に祀った神をこの場所に引き続き祀ってありました。
  1. 2015/12/06(日) 20:22:10|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

急に思い立って熊野三社参り 那智を目指す!


土曜日の朝、那智勝浦の観光スポットをポッチャリのお笑いタレントが回る番組が放映されていた。
そうだ、熊野へ行こう!
急に思い立ち10時過ぎに名古屋を出発した。

平等院は10月に参拝してきた。

熊野三社参りはなかなか気持ちが動かず行こうと思っても踏ん切りがつかなかった。
それがテレビ番組を見ていたら気持ちが固まった。
不思議なものです。


20151206190152bba.jpeg

2時過ぎ、那智大社に到着。
大社からは那智の滝が遠くに見える。
お決まりのカット。


20151206190152fbf.jpeg

お詣りを済まして御朱印をいただきました。


201512061901500d6.jpeg

はるばるやってきた甲斐がありました。
素晴らしい。

20151206190154775.jpeg


本社の脇からは熊野古道の登り口が。
ここからは雲取を通り吉野へ向かう道が続いています。

201512061901550b7.jpeg

大社から下って那智の滝へやってきました。
神職がお祓いをして説明をしていました。
那智の滝はご神体なのです。


201512061902505ac.jpeg

那智の滝社御朱印です。

日も陰り名古屋まで戻るのも大変。
まだ、熊野本宮大社と熊野速玉大社の参拝が。
新宮に泊まることにしました。

20151206193937179.jpeg

参拝を終え辺りも薄暗くなってきました。
やっと取れた。
雲取温泉。
奇しくも那智大社横から始まる雲取ルートに近い。
温泉には真っ暗になってからの到着で周りの状況がわからなかった。

今朝も4時に起きそとは真っ暗。
6時から温泉に入り外が明るくなると、何と部屋の外は、窓の下に良さげな川が流れていました。
この上流は絶対アマゴがいるはず。
そんな思いで今朝は7時に本宮大社を目指しました。


  1. 2015/12/06(日) 19:53:39|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平等院のシジミ


平等院の開門は8時半
時間が十分にあったので周りを探索です。


20151114065107a25.jpeg

塀沿いの堀にシジミのコロニー。
こんなにたくさん生息しています。
どうしてこんなところに?


20151114065111608.jpeg

山門に向かって右、券売所の横を通り抜けると突き当たりはとても狭い路地。
ここを流れる堀に生息。
わずかな区間で突き当たりから下には見当たりません。
鳳凰堂が映る池の流水でしょうか?
生活排水が入らない区間のみに生息していました。

こういったところは大事にしたいものです。
平等院様、宜しくお願い致します。
  1. 2015/11/14(土) 07:12:39|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇陵璽印を頂く


先週末の主たる目的は璽印を頂くことでした。
陵璽印は各陵を参拝することにより以前は頂いていましたが今は全国五つの陵墓管区事務所で管理されています。
そのうちの4つが京都、奈良、大阪にあり名古屋勤務のうちに初代神武天皇から122代明治天皇までいただこうと決めたのでした。
その為、金曜日未明にいそいそと出かけたのでありました。
鳳凰堂拝観の次は、宮内庁桃山陵墓監区事務所を訪れました。

20151027071826974.jpeg

まず今回の旅で頂いた璽印です。
この集印帳の表に78印、裏にも頂きました。


2015102707183040b.jpeg

璽印はこの様に箱の中に並んで入っています。
住所氏名を記載し、印を頂きます。
ここはセルフサービスなのであります。
印泥をしっかりねってからです。

2015102707183060e.jpeg

この印は旧印で現在は捺印できないのです。
事務所の壁に展示してありました。
これは各陵墓を訪れていただいたものです。
現在は全ての印を5箇所の事務所で管理していますからそこを回ることで頂けます。
しかし、印形は丸と四角になってしまい、旧印のように陵墓を形取ったもの、小型印などは無くなってしまいました。



201510270718314a1.jpeg

ここは桓武天皇陵墓に続く道です。


20151027071831225.jpeg

明治天皇御陵
中央はさざれ石を集めたものと説明されました。


2015102707185101f.jpeg

順が逆になりましたが、この参道を歩いてくると途中に桓武天皇陵墓、その他の陵墓があり、奥に明治天皇御陵があります。

  1. 2015/10/27(火) 07:34:26|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ