小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

四国八十八ケ所弾丸ツアー


先週は水木金の二泊三日で徳島へ出張でした。
出張の装備品には御朱印帳も入っています。
時間を作り行って来ました。


20180318205512913.jpeg

同行二人
奥と話しながら記事を書いていると、誰と行ったの?
????同行二人って?
弘法大師がいつも見守って下さるから一人ではなく二人なんです。

金曜日、帰る間際の5時間、こいつが頑張って十番まで案内してくれました。
一番から十番まで回って80キロ弱。
弾丸ツアーとなりました。
しかし、決して軽んじて回ったのではなく、本堂、大師堂に参拝するだけでなく関連寺社も出来るだけ参拝しました。

201803182055107df.jpeg

一番札所
竺和山 一乗院 霊山寺
ここから巡礼の旅が始まります。



20180318205513c80.jpeg

ここでお遍路さんの巡礼装束を揃えます。
形ができたら遍路旅出発です。

201803182055168ae.jpeg

本堂の中、戒壇にお参りするお遍路さんではなく観光の方です。

お遍路さんは山門を潜り口手を清めてお参りをします。
本堂、大師堂で納経をします。
その証ととして御朱印をいただきます。

201803182055154ee.jpeg

納経所で御朱印を頂きました。
書き手は御婦人が多いような気がします。
こちらでは男の方でした。


20180318205415a0b.jpeg

一番札所の御朱印
なんて書いてあるんでしょうかね?
左下の霊山寺は読めるのですが、肝心のところが読めません。
超達筆過ぎます。

20180318205413e82.jpeg

御蔭札です。
こちらの御本尊様の御姿になります。
御朱印と一緒に頂くものです。

一番札所で参拝の作法を教えて頂いたので二番札所へ出発!



  1. 2018/03/18(日) 21:48:05|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

国立博物館特別展 仁和寺 御室派のみほとけ


楽しみにしていた国立博物館特別展、仁和寺御室派のみほとけ展
本日、念願叶って鑑賞してきました。

20180227204237684.jpeg

メンバーズプレミアムパスを購入して入場です。
昨年までとシステムが変わりました。
高くなって不便に
年間6回の特別展に入場できましたが、今年からは四回です。

20180227204239758.jpeg

このエリアだけ撮影が許可されています。
中央に菩薩が、両脇を天部の仏像がかためています。
これだけ揃うと壮観です。

20180227204235f4c.jpeg

向かって左端に風神が配されています。



20180227204238085.jpeg

右には雷神が



20180227204403057.jpeg

雷神の横から中央を覗くと、壮観です。
様々な仏像がこれでもかと並んでいます。
京都の三十三間堂の配置とおなじです.

20180227204405fe2.jpeg

一つ一つ違います。


20180227204402112.jpeg

お茶目な方


201802272044010e2.jpeg

恐ろしげな方



20180227204406f0c.jpeg

伽藍の後ろの通路は天国と地獄の光景です。


これはほんの一部、あとは撮影禁止

絵巻物、曼荼羅、仏像と心行くまで眺めて来ました。

おまけをつけておきます。

201802272107194f3.jpeg

中国の人形?


20180227210719a7f.jpeg

お茶目な唐三彩

2018022721071648e.jpeg

ガンダーラ釈迦像


2018022721072027a.jpeg

印譜呉昌顕彫集

  1. 2018/02/27(火) 21:20:27|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

米子市寺町にはお寺が並んでいるが、ご住職が出かけていたりご朱印をやっていなかったり?

 米子市には寺町という地名があります。
 その名の通りお寺が軒を並べているのです。
 少し時間ができたので参拝とご朱印を頂きに出かけてみました。

DSCN2483.jpg

 米子駅から高島屋デパートを過ぎて国道9号線を渡る。
 朝日町を抜けるとそこは寺町。
 

DSCN2485.jpg

 名前のとおりお寺が並んでいるのです。
 お寺並木通り。
 日蓮宗、曹同宗、真宗、臨済宗に浄土宗。
 お寺のオンパレード。
 しかし、不思議でした。
 ピンポーンと玄関のインターホンのスイッチを押すと全く無反応の誰も出て来ないところ、対応に出てくるところはお寺の奥様のようでご婦人ばかり。
 対応で、当寺では御朱印はやっていませんと住職が出かけているので書けませんのどちらか。
 という訳で、寺町界隈では沢山のお寺が並んでいるのですが、御朱印を頂くことはできなかったのです。

IMG_3632.jpg

 御朱印は諦めて、こんな通りをそぞろ歩き。
 知る人ぞ知る朝日町です。
 それこそ4昔前は週末の夜、通いましたよ。
 しかし、寂れてしまいました。
 空き家だらけでした。
 赤い灯、青い灯が灯ると粗が隠れるのでしょうか?
 昔の賑わいが今も続いているのでしょうか?
 懐かしく昔通った店を探してみましたが見つけることが出なかったのでした。


IMG_3633.jpg

別日
朝の散歩で米子駅前からぐるっと回ると機関区へ。 


IMG_3638.jpg

 古い車両が車庫に、この向かい側にはラッセル車を含む除雪関連車両が入っていました。

IMG_3643.jpg

 機関区に接してお堂が建っていました。
 その中に祈願文が本不動明王縁起という木版があったのです。
 米子機関区の作業事故防止に関して強い決意をもってあたっていることが伝統として根付いていることが判りました。
 完璧な整備をする為には心の乱れがないよう、能力の全てを出し切り最後は神仏にすがる。
 戦場における戦士の心は信仰を持っている者とそうでない者とに大きな差があると研究で判っています。
 極限状態における心の安定は信仰が大きな比重を占めるといわれています。
 心を穏やかに乱すことなく整備作業にあたっていると思います。
 

IMG_3644.jpg

 お堂にいらっしゃる不動明王様です。
 憤怒の表情で邪気を払い機関区の安全を守っているように思いました。
 また、花が絶えることなくお酒が供えられ大事にされているなと感じました。
 身近にいらっしゃる明王様。
 良いですね。




  1. 2017/02/26(日) 16:12:56|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

40年前から気になっていた粟嶋神社

 40年前に境港市に住んで居ました。
 ここから米子に向かう時、右手の中海に浮かぶようにこんもりとお椀を伏せたような小高い森がいつも気になっていました。
 気になりつつ40年、やっと好奇心を満足することができました。

DSCN2471.jpg

 2月21日から3泊4日の日程で鳥取へ出張することになりました。
 米子に宿を取り毎日境港の用務先へ往復です。
 到着翌日の朝、ホテルから見える大山です。
 日の出前。
 稜線がはっきりと浮かび上がり美しい。
 こんな景色が大好きなのです。


DSCN2482_201702251046566e3.jpg

 この日の夕方、粟嶋神社を訪れる機会がやってきました。
 鳥居をくぐると社に続く階段。
 ここが参道です。
 187段の石段が続き上り詰めると拝殿があります。
 参拝が終わったら御朱印をいただけるよう、社務所に向かうも、宮司様はご不在。
 裏手のご自宅にも不在。
 参拝が終わってからお願いするつもりで石段を登りました。

DSCN2472.jpg

 職場で自分に課した掟がここで活きました。
 12階まで出勤時は三往復階段、難なく上り詰めました。
 これはシーズン中に仲間に連れて行ってもらう時に足手まといにならないようという目的なのですが。
 つまり渓流のこと。
 

IMG_3630.jpg

 御門をくぐって拝殿へ向かいます。


DSCN2478_201702251046538ce.jpg

 こちらには 小彦名命(すくなひこのみこと) 大己貴命(おおなむちのみこと) を主祭神にその外六神を祀っているとのことです。
 読めませんよね。
 これもいただいた粟嶋神社略木に記載してあったものです。

 社殿は昭和十一年に再建されたものだそうです。


DSCN2476.jpg
 
 古い狛獅子がありました。
 



DSCN2473.jpg

 ここからは出雲大社を遥拝することができます。
 中海の向こう松江を過ぎてその先に出雲大社が鎮座しているのです。


DSCN2479.jpg

 上からの階段は特に急に見えます。


DSCN2490.jpg

 戻って社務所に向かいましたが宮司様はご不在、帰る日(24日)に再度立ち寄るもまたご不在。
 幸いに奥様がいらっしゃったので、訪ねると書置きならということで頂きました。

 社には八百比丘さん伝説があります。
 人魚の肉を食べてしまったため、18歳の姿のまま800歳まで生きた娘の伝説です。

  1. 2017/02/25(土) 10:52:37|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡で途中下車、静岡浅間神社をめざす。

 静岡の街は通過点、在来線から新幹線への乗換駅ですが、前回は途中下車をして東照宮に参拝しました。
 今回は市内にある浅間神社を目指してみました。

DSCN2419.jpg

 静岡駅の北口から歩いてみました。
 県庁前を通りお城の掘割に沿って浅間神社を目指しました。
 到着して社務所に向かうとこれから大掛かりな消防訓練が行われるとのこと。
 はしご車も来ていました。
 浅間神社に引き続き、重要文化財の八千戎神社本殿に放水!
 訓練が開始されました。
 この日は文化財保護の日?
 テレビの取材も入っていました。
 なかなか見ることができない訓練でした。
 手前には虹が出て訓練に華を添えていました。


DSCN2411.jpg

 静岡浅間神社の拝殿です。
 二層になっており彫刻も立派。
 回廊に囲まれており荘厳な造りとなっています。 


DSCN2425.jpg

 浅間神社のご朱印です。

DSCN2426.jpg

 境内に鎮座する大歳御祖神社のご朱印です。


DSCN2403.jpg

 静岡浅間神社に参拝する前に静岡駅の目の前、繁華街に鎮座する小つげ神社に参拝しました。
 
 繁華街の中の静寂空間、良いですね。


 

  1. 2017/01/27(金) 08:33:08|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倉敷といえば大原美術館?

総社から伯備線で倉敷へ。
大原美術館を目指しました。

IMG_3411.jpg

古い街並みに洋館が溶け込んでいます。
ここには教科書に載っている絵が沢山あります。
昔々のことですが、三年程鳥取県の境港というところに住んでいました。
福島へは境港線、伯備線、新幹線を使って東京へ。
東北新幹線はまだ開通していない頃です。
途中下車はなかなか。


DSCN2400_20170122052557d74.jpg

実は今回で2度目 なのですが美術館は初めてなのでした。
館内は撮影禁止なので、この二枚を持って帰りました。



IMG_3416.jpg

窓の外には古い街並みが。

DSCN2397_201701220528567d3.jpg

第一の目的の後はおきまりの御朱印。
阿智神社ひ参拝。
階段が長いのです。
しかし、ここは景色が抜群、街並みがよくわかります。


IMG_3441_20170122052825bce.jpg

御朱印です。


DSCN2398_20170122052823247.jpg

近くにある觀龍寺の方丈玄関です。
レトロな電気が気に入りました。
なんとなく落ち着きます。


IMG_3443_20170122052827849.jpg

そして、こちらでも御朱印をいただきました。

桃太郎線と伯備線を使ってのブラブラウォーキング。
20km以上歩いていました。

不思議な発見があり充実した時間を過ごすことができました。

  1. 2017/01/22(日) 17:16:26|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉備路の不思議空間??

 吉備津彦神社から吉備津神社への吉備路を歩き吉備津駅から東総社まで桃太郎線そこから総社駅までまた歩いてみました。



DSCN2382.jpg

 吉備津神社の手前に福田会本部というところがありました。
 事前に地図を見て福田会本部と記載されておりちょっと気になっていたのです。
 入口に行くとお寺のようでしたが、誰もいません。
 不思議空間が広がっていました。
 これ何だろう?


DSCN2381.jpg

 鼻ぐり塚
 鼻ぐりとは、牛の鼻輪だそうです。
 これが600万個以上。
 ここは古墳だそうです。
 その上に鼻ぐりを積んでいったらこれ程の数に。
 全国で家畜として全うした、食肉として最期を遂げた牛の供養をしているのだそうです。
 福田とは何かと全く知らなかったのですが見えないところで功徳を賦す。
 福田の意味をその後に立ち寄った青龍山普賢院のご住職から御教授していただきました。


DSCN2396_01.jpg

 詳しくお話を伺った普賢院の玄関、以前の建物に使っていた古材と襖絵を使っているそうで落ち着きます。

IMG_3440.jpg
 
 東総社駅で下車直ぐのところに総社宮があります。

IMG_3378.jpg

 総社宮を出るとすぐ隣に総社警察署が!


IMG_3380.jpg

 中を覗くと鬼首村殺人事件捜査本部の張り紙が。
 そういえば八つ墓村、犬神家、本陣殺人事件等もこの地で起きたのでした。
 岡山県から鳥取県に至る伯備線沿線が横溝正史の舞台となっています。
 ここから総社駅までの風景は70年前にタイムスリップしたようでした。
 景観保存地区がありました。
 昭和レトロの言葉がピッタリでした。


IMG_3431.jpg

 こんなのもありました。
 
  1. 2017/01/21(土) 20:19:34|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桃太郎線でぶらっと。

今回の出張に付随した目的の一つに釣りができることはいつものことですが、吉備津彦神社、吉備津神社への参拝を考えていました。
当然ですが仕事をキッチリやって時間が取れたら帰りまでの空いた時間に向かってみようと思ったのです。

DSCN2367.jpg
岡山駅から桃太郎線という路線があります。
吉備線を呼び換えているのです。
この車両凄いもんです。
桃太郎キャラがビッチリ描かれています。
備中一宮で下車、吉備津彦神社に参拝したのちはウォーキングで途中不思議なところを経由して吉備津神社まで。
吉備津駅から再乗車、東総社駅で降りて総社宮に参拝、ここから総社駅までウォーキング。
不思議空間に迷い込んだのかと。


DSCN2374.jpg

吉備津彦神社。
桃太郎伝説が生きています。
備中一宮。



IMG_3437.jpg

参拝の間に御朱印もいただきました。
とても丁寧に書いてくださりました。
こちらの御朱印帳は凝ったもので表裏表紙で一つの桃が描かれて開くと真ん中からパックリ。
内面には桃の透かしが入っています。

DSCN2376.jpg

沢山の神々の社も祀ってありました。
すべて御詣りさせていただきました。

DSCN2378.jpg

吉備津神社へ。
田んぼの横を流れる用水路。
ついつい覗いてしまいます。
おおよそ2キロの道を覗きながら歩きました。
当然ですが、道具一式を背負っている訳ですから見つけたら楽しもうと。
厳かな気持ちで参拝しなければと思いつつ、獣編のこの私、どうしても釣りが優先してしまいます。
修行といった言葉もありましたが、どこかに忘れてしまったように思えます。

途中寄り道、これは別項で。

IMG_3340.jpg

 吉備津神社、この社は三備一宮となっており本殿・拝殿は国宝となっています。
 比翼入母屋造という建築様式だそうでここだけだそうです。
 そう言われれば翼を広げたような、そんな形に見えます。


IMG_3338.jpg

 急な階段を昇り拝殿へ。
 ご利益を求めてご祈祷です。
 ここは建築土木関連の方が沢山お参りするようで、この日も団体が広場に集結。


DSCN2389.jpg

 神職の方にご朱印を頂きました。
 今回、撮影をしても宜しいか伺ったところ、全く問題ないと快諾を得られました。
 このようなお姿でしっかりと書いていただくとありがたみも更に。

IMG_3438.jpg

 ありがたい御朱印を頂きました。


DSCN2392.jpg

 回廊です。
 前兆360mだそうで、地形に沿って奥の院まで伸びています。
 途中右に伸びる回廊が付随しており、鳴釜神事で有名な御竈殿につながっています。
 来た甲斐がありました。

  1. 2017/01/21(土) 08:00:06|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年


 新年明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願いします。

 実は、年初の記事をアップしたのですが消えてしまいましたので、改めて。
 同じ物ではつまらないので気分一新。
 御朱印のことを



DSCN1090_20161231132341d6e.jpg

 韋駄天様のご加護により今年もオイカワ釣りが楽しめるようにと初詣に行ってきました。



DSC02718.jpg

 ここからは御朱印のことです。
 平成8年から御朱印を集め始めて朱印帳はこんなに沢山になりました。
 北は北海道、南は九州を通り越し、沖縄のその先の宮古島まで。
 年の初めにご朱印を見つめなおしました。


DSC02720.jpg

 最初に頂いたのは秩父三十三観音初打ち 四萬部寺 平成八年十月二日のことでした。



DSC02721.jpg

 ごく最近は上野清水堂


DSC02723.jpg

 頂いたご朱印で心に残るのが飛騨白川郷合掌造りのお寺 明善寺でいただいたものです。
 和尚から、しばらく時間がかかるが宜しいかと先に聞かれました。
 そして書いていただいたのがこれ。
 墨絵と仏の心。
 大のお気に入りとなりました。

 こんな風に生かされているんですね。
 そんな謙虚な気持ちで、釣りです。
 釣らさせていただいています。
 こんな気持ちで今年も釣りに行くぞー!
  1. 2017/01/01(日) 17:13:28|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白水阿弥陀堂

 
福島県にも国宝建築があります。
拝観しようと思っていましたがなかなか機会が無く今回は台風の遠い影響で雨続き、渓流も増水で釣れないのは判っていたので行って来ましたよ。

DSCN2189_20160920181921e91.jpg
 
 白水阿弥陀堂
 平安時代に建造された阿弥陀堂で中にはお釈迦様を中心として重要文化財に指定されている仏像が5体安置されています。

 池を渡ってこちらへ向かうのですが、宇治平等院鳳凰堂をほうふつさせる雰囲気を持っています。
 対称的に落ち着いた檜皮葺きの屋根にシックな色使い。
 良いです。

  1. 2016/09/20(火) 18:25:14|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ