FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

川のことを考えているのだろうか?


gugleの検索画面に釣りニュースweb版が掲載された。
この時期にこんな記事を掲載するのかと信じられない。


20200425093938e33.jpeg


昨年の台風19号は名栗地区に500mmを超える大雨を降らせた。
結果、沢は崩れ壊滅的な被害を受けた。
今期の渓魚放流は渓流区間に設定されている有間橋から上流には放流せず、下流の原市場地区に放流をした。
以前から沢には放流せず本流のみである。



20200425093936f09.jpeg

今期の名栗川の渓流は期待できないのである。
まして沢筋は放流されていないので、魚は激減しているのです。
御釈迦様の涅槃会です。
名栗はこんな状態なのです。




202004250939410ea.jpeg

これは埼玉県の第5種共同漁業権漁場図です。



20200425093940e9f.jpeg

上図の名栗川(入間川)流域拡大です。
こんな川で沢も小さく短い。
秩父荒川流域と比べていかに小さい流域かわかります。

恐らく、今期でこの沢は根こそぎお持ち帰りで壊滅でしょう。
秩父岩魚と近種と言われる名栗の岩魚も絶滅。

禁漁区ではないから問題無いのではなく、沢の生産性を考えたらそっとしておくのも大事と思うのです。

次に入間漁協の無策について。
私は漁協の組合員であり、漁場監視員をしています。
ここからは私見です。

上流部の沢は少なくとも源と本流の出会い中間点から禁漁区にするべきと思っています。
上流部を禁漁にすることで魚が落ちてきます。
特に生産性の小さな名栗川流域のようなところは、何人か沢に入り持ち帰れば直ぐにいなくなってしまいます。
本流は放流ですからいくらでも釣り情報を発信すれば宜しいのです。

今期ではなく将来を見据えれば理解できると思います。


もう一度、釣りニュースとは節操がない会社なんですね。
驚いてがっかりしました。

今年は今までの年と状況が全く違うのです。
入間漁協も将来を見据えればどう対処すれば宜しいか答えが出るはずです。


つまらないweb記事と武漢熱対策で落ち込みましたよ。




  1. 2020/04/25(土) 13:45:49|
  2. 気持ちが落ち着かないこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四月二十三日 午後の小畔川 魚っ気無し!


昼過ぎに釣友のにんにんさんから、飛び石から始めるときと連絡あり。
釣果報告宜しくと約束して電話を切る。
魚っ気無しの報告。
それならばと、金堀橋から下を今期初小畔遊び!

202004231653591c6.jpeg

金堀橋から竿を出しながらゆっくり下ってきました。
河川敷はからし菜の黄色い花でいっぱいです。
遠くに見えるのは金堀橋です。


20200423165353210.jpeg

こんな黄色のトンネルをくぐって釣り場へ向かいます。
花いきれムンムン。
誰もいません。
堤防の上は散歩の方が何組もひっきりなしですが河川敷は僕が独り占めです。



2020042316535420b.jpeg

水量が多いですね。
こんな時は活性が上がって直ぐにフライめがけて飛びついてきます。
????
全く反応がありません。
ウンともスントモ?

例年ならばソロソロ釣れ始める頃ですが魚がいません。

2020042316535603a.jpeg

全く反応が無いので、底石をひっくり返してみました。
南岸低気圧の通過で数日前に100mm弱の降水があり、河床はピッカピカ いくつか石裏を探してやっと見つけました。
ヒラタです。
ピントが甘くてわかりずらいのですが、こちらが頭です。
水中の餌が殆どありません。
例年ならば返す石毎に何か虫が居るのですが見つかりません。
やっと見つけました。



202004231653579a5.jpeg

本流横の緩い水溜り。
いつもは稚魚が沢山群れて居るのですが、居ません。
小畔は年末から四月末まで良型のオイカワは隠れて、稚魚のみとなり釣りになりません。
やっと釣れ始める時期が来たのですがガッカリです。


原因は何でしょうか?
恐らく、昨年の台風19号の大水なのかと思います。
小畔では1日で300mm降りました。
吉田橋と高橋の間の遊歩道は流されて無くなりました。
復旧工事で掘り返し、いじり倒しました。
今日も濁っています。

年々、オイカワが少なく、小さくなっていますが今年は酷すぎる。
何もできないのが歯痒い!

黙ってオイカワが登って来るのを待つしかなのか?




  1. 2020/04/23(木) 17:28:22|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山菜その2


子供の頃はアクが強くて決して美味いものではなかったが、この頃は美味しくて堪らない!
今が旬の山菜。
栽培種と思われるが美味しい。


20200415053419579.jpeg

左からモミジガサ、山ウドの炒め物、行者ニンニク、山ウドの酢味噌和え
前回より茹で時間を三分の二とし、歯ごたえ風味を重視。
美味しい!


2020041505341804b.jpeg

調理前
よく洗って、茎の間の泥を落とす。
ウドは茎、葉に分けて茎は皮をむき葉はそのまま酢水に浸けてアクを抜く

器に入っていないのは左の葉わさび。
これは別に湯通しして揉んで密閉袋にだし汁とつけたので、今朝のおかずです。
いつものからし菜仕様です。


2020041505342237c.jpeg

こんな袋で売っていました。
目に入って即買いでした。

ワラビ、コゴミも有りましたがパス。
ワラビを茹でる時の灰がなかったから。
ただそれだけ
ワラビも美味しいのです。


20200415053421528.jpeg

橋立



  1. 2020/04/15(水) 05:53:57|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山菜

 

 武漢熱で緊急事態宣言がなされ、街はひっそり、パチンコ屋とスーパーには人が押し寄せる今日この頃。
 山菜を仕入れたので夕のオカズと当然ですが酒の肴に


DSC07046.jpg

 左からモミジガサ(シドケ)、行者ニンニク、オオバナウルイです。
 大鍋で茹でました。
 モミジガサは茎の部分を1分湯に浸してから葉の部分も浸して1分45秒、ウルイは茎を20秒その後全体を入れて45秒で取り出し、行者ニンニクも茎を20秒その後20秒全体を40秒の茹で加減です。
 笊に取って冷水で熱を冷まし硬く絞って適度の長さに切る、そして盛り付け。
 モミジガサとウルイは辛子味噌で和えていただきました。
 行者ニンニクは醤油につけて2.3日後から頂くのが美味しいのですが、今回はそのままだし汁をかけて頂きました。
 例の希釈用だし汁です。
 薄めずそのまま。
 これは絶品でした。

 年なんでしょうか?
 福島育ちで、山菜はそのあたりに生えていましたが、いっさい食べなかったのです。
 あのエグミが大嫌いでした。
 フキは庭に生えていたしこれらの山菜は山に入ればそこらじゅうとは言いませんが、探せば採れました。
 大人は美味しいと食べていましたが、子供にとっては毒を食べているのかしらんといった感覚。
 肉に優る美味いもの無しでした。

 ところが味覚は変わるのですね。
 素材の美味しさ、堪りません。
 子供には判らない大人の味、日本の味なんですね。

DSC07025.jpg

 話が飛んで、数日前の都幾川の桜。
 雉がすぐ傍で逃げない。
 ケーンと鳴いて飛んで行ったが、その場所に近づくとバタバタと足元からメスが飛び立った。
 守っていたんですね。 

DSC07003.jpg

 また飛びます。
 秩父に向かって正丸峠のすぐ手前、トンネル入り口までの最後の民家横です。

 日本最初、帝王切開出産記念の碑なのです。
 秩父に向かう度に気になっていたのですが、確認しました。
 こんな奥でどうしてと思いますが、ここなのです。
 こちらのお宅で手術がされたそうです。
 経緯は碑文に記載されています。
 秩父に出かける際、興味があれば是非。

DSC07043.jpg

 また飛んで、御朱印です。
 これは飛騨白川郷で頂いたものです。
 帝王切開の碑、生かされたのですね。
 私も、何度も生かされました。
 
 平成八年から御朱印を頂き始めて八年目のことでした。
 こちら明善寺さんに参拝した時のことです。
 合掌造りの茅葺のお寺さんです。
 時間はあるのかい?ゆっくりしていけるのかいと尋ねられたので、はい、時間は十分にありますと答えると、そうかい、判ったと住職が書いてくれました。
 初めてのことで。
 一時間以上熱心に何をしているのかと思ったらこの絵とお言葉を書いていたのです。
 今日は暇だし、気分が乗ったからとのことでした。
 こんなに素晴らしい御朱印は初めての経験でした。
 家内も今までの御朱印でこれ程のものは無いと感じています。

 ご縁でしょうか?
 最近は平日にどこと決めずに参拝することが多いのですが、時に、話し込んでしまったりお堂にあげて頂いたり、いろいろあります。
 何も求めず、受けるのは素直に、そうありたいです。

 武漢熱で籠りきりですが、これが私共にとれる一番の対策のようです。
 どうしても出勤しなくてゃならない方以外、私のようなリタイア-は肝に銘ずるべきと思うのです。
 と言いながら日に一度ぐらいはストレス解消に外出しているのですが。

 いろいろと対処法がネットで拡散されていますが、根拠が、不明、確認がなされない情緒に訴えるものがほとんどです。
 こういった根拠のないそれらしい情報が拡散されてデマとなり無秩序な行動になるのかも。
 
 武漢熱に限らず、普段の行いで、一週間程度の食料・生活必需品を家に置くのは当たり前。
 極論を申せば米と味噌で十分なのです。 

 単身赴任の時は病気が一番怖かったです。
 具合が悪いと家から出れないので、あるもので食い繫ぐ、一週間もあれば大概の病気は治るのでそうしていました。
 
 災害が起きてからでは遅いのです。
 普段の心がけ。

 もう一つ、必要なものは使えば宜しいが無駄使いはダメです。
 
 トイレットペーパー、無い無いと騒いでいましたが、丁寧に使ったら如何?
 1m使う人なら50cmで済むように。
 いつもシングルを使っているのですが、不思議なことにダブルにしても同じ長さを使ってしまいました。
 ダブルなんだから半分の長さで十分なはず??
 
 つまらん、神頼みのことを書いてしまいましたが、普段の心掛けで変わると思うのです。

 なんせ、生かされている訳ですからね。

 山菜のことから変な方に話が変わってしまいました。



 
 

  1. 2020/04/13(月) 10:09:00|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンクの整理をしました

 武漢熱で緊急事態宣言
 埼玉県民である私は自宅で大人しくしています。
 やることもなくブログリンクの整理をすることにしました。

 このブログを始めてから初めての整理です。

 ブログを止めた、5年以上更新がない、アドレスが変わっているが知らない。
 この4条件に当てはまるサイトを削除しました。
  1. 2020/04/11(土) 17:26:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ